日頃の片付けが自分を助ける

引越の際は必ず片付けの作業をすることになります。その際に知っておきたいのは、日頃の片付けが自分を助けることです。家具や家電、雑貨だけではなく、衣類や書籍、おもちゃなど色々な物を日頃から片付けるようにしておけば、突然の引越だったとしても必要な物だけある状態なので最小限の荷物で済ませられるでしょう。荷物が少なければ業者に依頼した場合の費用が安くなったり、新居での整理が楽になったりするメリットがあります。すでに日頃から片づけをしているなら今後も継続することが大切ですし、不定期や苦手な場合は週に1回や2回というように、習慣付けましょう。慣れてしまえば当たり前の作業になるので、最小限の荷物がある状態を維持できます。

思い切って処分することが大切

家具や家電、衣類などの処分を迷うことが多い場合、引越の片付けの量が多くなる可能性があります。迷った挙句、片付けで苦労するくらいなら思い切って処分するのが負担を減らすコツです。購入してからほとんど使用していなかったり、未使用だったりする物はもったいないと考えてしまい、処分を迷いやすいです。その結果、引越先にまで運搬してしまうと、片付けの作業を長引かせる原因になります。ですから、迷ってもったいない気持ちはあったとしても、引越の時を考えて処分しましょう。処分といってもゴミに出すことだけが選択肢ではないです。不用品回収や買取のサービスを利用すれば無料で処分できたり、買取によってお金が増えたりする場合があります。

家具や家電製品を処分したい場合、不用品の回収を受け付けている専門業者を利用すれば手間がかかりません。しかし、中には処分費用を受け取りながら不法投棄を行う悪質な所もあるので慎重に判断する必要があります。